「ドビュッシーとパリの詩人たち」 CDアルバム発売記念トークコンサート




フランス近代の大作曲家クロード・ドビュッシーは長らく「印象主義音楽の創始者」とされてきました。
たしかに似て聞こえるかもしれませんが、実はドビュッシーは絵画運動には何の関係もなく、当時最先端の象徴派の文学運動の最中にいて、詩人たちと多くの共同制作をしているのです。

ここでは、マラルメの詩による「牧神の午後への前奏曲」をはじめ、ドビュッシーとパリの詩人たちとの交友から生まれた歌曲や連弾曲を通して、その親密な関わりをさぐります。

共演は作曲家・ピアニストの高橋悠治さんとソプラノ歌手の盛田真央さん。ドビュッシーがこだわった詩と音楽の融合について、高橋さんとのトーク・セッションもあります。



 

主催みのりの眼
日時10月14日(祝) 14:00 開演 / 13:30 開場
会場ヒルサイドプラザホール
入場料一般:3,500円 学生:2,000円
定員200名
予約・問い合わせ青柳いづみこ公式ホームページ:http://ondine-i.net 
みのりの眼:info@minorinome.com